TOP> 金谷酒造の酒蔵, 蔵の歴史

2013年02月21日

会社沿革

初代は松任郷士二階堂氏の末裔で鍋屋の分家でした。そして名を與四平と名乗りました。
 酒造業は明治2年、三代目與四平が始めました。それまでは菜種油絞り油業を主力においていまし

 た。昔は安全を考えて大きな油壷は地中に埋めて使っていました。現在でも当屋敷を掘れば、その

 時使われた油壷が埋められています。その時から商標は「高砂」(松任の松に関係のある謡曲から

 とりました)を特級に、それと「宝養老」を使い始めました。
 昭和26年に会社組織に変更しました。
 昭和60年兼六酒造を引き継ぎ、商標「兼六正宗」及び「兼六」を追加しました。
 平成元年会長の配偶者の実家である金沢酒造を継承しました。
 商標「初ふね」と「金乃澤」も引き継ぐ事になりました。

金谷酒造の酒蔵蔵の歴史